以前宋代筆頭の詩人である蘇軾の「水調歌頭」を紹介し、かなりの反響をいただきました。
その際に一緒にご紹介しきれなかったのですが、実はこの詩はテレサ・テンの『但愿人长久』という非常に有名な曲の詩にそのまま使われているのです。この曲は名曲中の名曲なのでおそらく耳にしたことがある人は非常に多いと思われます。

テレサ・テンのバージョンも深い味わいがありますが、フェイ・ウォン(王菲)のカバーが個人的には好きです。彼女の歌声と蘇軾の詩によって生成された独特の時空間を堪能してみてはいかがでしょうか。

 

 

「水调歌头·明月几时有」

明月几时有?把酒问青天。
明月幾時よりか有る 酒を把って青天に問ふ
不知天上宫阙,今夕是何年。
知らず天上の宮闕  今夕は是何れの年ぞ 
我欲乘风归去,又恐琼楼玉宇,高处不胜寒。
我風に乘って歸り去らんと欲す 又恐る瓊樓の玉宇 高き處寒さに勝へざらんことを
起舞弄清影,何似在人间。   
起舞して清影を弄ぶ 何ぞ似たる人間に在るに
转朱阁,低绮户,照无眠。
朱閣に轉じ 綺戸に低(た)れ 無眠を照らす 
不应有恨,何事长向别时圆?
應に恨み有るべからざるに 何事ぞ長へに別時に向って圓なる
人有悲欢离合,月有阴晴圆缺,此事古难全。
人に悲歡離合有り 月に陰晴圓缺有り 此の事古より全くなり難し
但愿人长久,千里共婵娟。
但だ願はくは人長久に 千里嬋娟を共にせんことを

現代語訳:
明月よ、いつから空にかかっているのか 盃を手にしながらこう青天に問う
天井の宮殿では今宵は何年の中秋にあたるのだろうか
自分も風に乗って天上の世界に行ってみたいが、月宮殿は高いところにあるから寒くてかなわんだろう
せいぜい地上の舞を楽しもう やはり人の世の方が居心地がよい
明月は朱色の高殿をめぐり 綾ぎぬの帳をかすめ 眠らぬ人を照らしている
別に恨みのあろうはずもないのに 何故別れの時に限って満月になるのだ
人には悲歡離合があり 月には陰晴圓缺がある 古からこのことを完全な形に保つのは難しい
ただ人がとこしえに 千里の距離を離れていてもこの月の輝きを共にせんことを願うのみだ。

※詩の翻訳と背景説明は次のサイトより引用しています(句読点等は当サイトにて修正):
http://chinese.hix05.com/  汉诗与中国文化网