『老子』の言うタオ(「道」)とは一体どのようなものなのか。前回の投稿では『老子』の第一章がタオについての要約となっており、「有」「無」「玄」「門」などの比喩を通して語られていることを紹介した。やや抽象的ではあるがタオのエッセンスをなんとなく感じていただけただろうか。中国語の分かる人は原文の韻律そのものがまさに神韻と呼ぶにふさわしいものであることは感じていただけたと思う。さて、今回紹介する第21章は韻律という観点ではさらに圧巻の箇所である。この箇所は万物を生成するタオの「恍惚」とする様をとらえた箇所であるが、その韻律はまさに読み手の体にエクスタシーの共鳴作用を引き起こすようなリズムを感じさせる。これは誇張ではないので実際に原文を読んでみて欲しい。また、その内容も生命が生成される瞬間を描写したような玄妙なものであり、何度読んでも神秘的である。その神秘性を感じていただけるよう充実した解説を付したつもりなので、是非最後まで読んでみてほしい。

第21章

孔德之容,唯道是从。 
Kǒng dé zhī róng, wéi dào shì cóng.
道之为物,惟恍惟惚。 
dào zhī wéi wù,wéi huǎng wéi hū.
惚兮恍兮,其中有象。 
hū xī huǎng xī, qí zhōng yǒu xiàng.
恍兮惚兮,其中有物。 
huǎng xī hū xī, qí zhōng yǒu wù.
窈兮冥兮,其中有精。 
yǎo xī míng xī, qí zhōng yǒu jīng,
其精甚真其中有信。 
qí jīng shèn zhēn, qí zhōng yǒu xìn.
自古及今其名不去,以阅众甫。 
zì gǔ jí jīn, qí míng bù qù,yǐ yuè zhòng fǔ.
吾何以知众甫之然哉,以此。 
wú hé yǐ zhī zhòng fǔ zhī rán zāi, yǐ cǐ.

 

孔德之容,唯道是从。
奥深い「穴」はただタオにのみ従う。

この箇所は伝統的には「大いなる徳をそなえた人物はただタオにのみ従っている」と解釈されている。しかしながらこの解釈はこの句を全面的にとらえているとは言い難い。というのも、この句はもっと普遍的な原理について述べているのであり、「大いなる徳をそなえた人物」というのはその普遍原理の中の具体的解釈の一例にすぎないからである。

「孔」は物理的次元では穴を意味する。植物の「気孔」の孔である。同時に穴の中の「虚」あるいは「無」(事物生成以前の状態)を暗示している。

「德」は「道」に包括される原理レベルの性質であり、「孔德」で陰の性質=女性原理を示していると考えられる。易学においては凸状のもの、高いもの、上に向かってそびえるもの、明るいものなどは陽の性質=男性原理、それに対し凹状のもの、下にあるもの、やわらかいもの、へこんでいるもの、暗いものなどは陰の性質=女性原理に含まれる。「孔」の形状や性質は明らかに後者に属し、さらに「孔德」の後に続く「容」という字に「受容」=受動性が示唆されているため「孔德」はタオのうちの陰の性質、陰のタオ、つまり「陰道」であると考えられる(ちなみに現代の中国語においては「阴道」は基本的に女性の膣を意味する)。無論このようにタオの陰(女性性)の性質を示す箇所はこの箇所だけではない。第六章の次の箇所をご覧いただきたい。

谷神不死,是谓玄牝。
gǔ shén bù sǐ, shì wèi xuán pìn,
玄牝之门,是谓天地根
xuán pìn zhī mén, shì wèi tiān dìgēn.

谷の神は不死である。これを玄妙なる牝と言う。
その玄妙なる女性器を天地の生殖器と言う。

谷は凸である山(陽=天や高いもの、上に向かってそびえるもの、能動性などは男性原理)に対して凹状、つまり女性原理に属している。これは「谷神」の「谷」の凹的形状のみならず「玄牝」(玄妙なる牝)と表現されていることからも明らかだろう。また、「玄牝之门」(玄妙なる女性器)、天地根(天地の生殖器)という表現にも留意して欲しい。念のために言っておくと、現在の中国の学者間でも上記のように「玄牝之门」を女性器、天地根の「根」を生殖器と解釈するのが一般的であり、岩波文庫の『老子』の訳注を見ても同様に解釈されている。

また、第1章において万物が実体化する原理である「有」も陰=女性原理に属することが示唆されており(「有,名万物之母」の「母」)、この句は「众妙之门」及び先に挙げた「玄牝之门」へとパラフレーズされている。

さて、孔徳が陰=女性原理=陰道だとすれば対となる陽=男性原理=陽道を想定しなければならないが、それに相当するものは句中では「道」以外に見出せない。つまりこの「道」が陽道ということになる。中国文化において古来から現在に至るまで最大の影響力を持つ陰陽二元論の元テキスト『易経』では陰と陽を包摂する太極はどちらかと言えば陽の性質を持っているとされているため、特に「陽道」として明記していなくとも暗黙的に「道」に男性性を見るものと考えてよさそうだ。

唯道是从の「从」=「従」という字は従うの意の他、ほしいままにさせる、まかせる、ゆるすという意味がある。従って、抽象的なレベルでは「孔徳=陰道(タオの女性原理)はただタオに従う」となり、やや物理的な次元に落とし込めば「陰道(女性器)はただ陽道(男性器)のみを受け入れる」となる。

道之为物,惟恍惟惚。
ただただ恍惚の中でタオは物と化す

「物」という漢字は牛と勿で構成されており「色が定かでない牛」を表している。「特色がない」故に不特定なモノを表す意味に用いられ、それが通常私たちの使用する意味での「物」となっている。しかし「物」にはもともとはっきり見分けられないという意味があるわけである。次の「惟恍惟惚」(ただただ恍惚)の「恍惚」にも「我を忘れてうっとりする」結果「ぼんやりとしてはっきりと見定められない」という意味があることから、この句は「タオというものは奥深くおぼろげで見定めがたい」という意味で解釈されることが多い。この解釈はある意味において間違いではないと思うが、先ほど提示した「孔徳=陰道(タオの女性原理)はただタオに従う」「万物の女性器はただタオのみを受け入れる」という陰陽の原理を補足して解釈する方がより自然だろう。つまり、この箇所はタオがとらえ難くおぼろげな様子を描写する一方で、タオのうちの陽が陰と合一し、エクスタシーを感じて恍惚としている様子も描写していると考えるほうがより全面的な理解に近いと言える。逆にそうでなければ「我を忘れうっとりする」という「恍惚」の第一の意義が無視されてしまうのみならず、この句から始まる高揚感に満ちた「惟恍惟惚」「惚兮恍兮」「恍兮惚兮」「窈兮冥兮」という祝祭的とも言えるエクスタシーのリズムの説明がつかない。

惚兮恍兮,其中有象。 
hū xī huǎng xī, qí zhōng yǒu xiàng.
恍兮惚兮,其中有物。 
huǎng xī hū xī, qí zhōng yǒu wù.
窈兮冥兮,其中有精。 
yǎo xī míng xī, qí zhōng yǒu jīng,
其精甚真,其中有信。 
qí jīng shèn zhēn, qí zhōng yǒu xìn.

惚恍たり、陰陽の気が混ざり形象となる
恍惚たり、その象が物に変化する
窈冥たり、精気がその中でうごめく
この精気は漲るようであり、生が間違いなく存在する

「惚恍」「恍惚」「窈冥」の字の間に挿入されている「兮xī」は韻律を調整する働きがあり、この句の韻の妙を醸し出している。この箇所は極めてとらえがたい生命発現の瞬間を「象」(気が形象となる)→「物」(より具体的な形をとる)→「精」(生命が宿る)「信」(完全に確認可能な物となる)と時系列に描写したものであるというのが基本的な解釈である。人間の感覚では捉えられない生命発現の瞬間を描写しているためこれだけでも驚嘆に値するが、同時に陰道と陽道の性的合一という視点からは「象」「物」から「精」へのフローは男性器が硬くなり射精するまでのプロセスとも考えられる。

自古及今其名不去,以阅众甫。
吾何以知众甫之然哉,以此。
古来より現在に至るまでタオは活動を続けているため、万物の始まりを見ることができる。
私が万物の始まりがこのようであるのを知っているのはなぜか?今もタオが動いているからだ。

ここでの最初のキーワードは「众甫」であり、众は万物、甫はもともとは苗を意味した。従って「众甫」は万物が生成される始めの状態である。さて、老子は人間の感覚では捉えられない生命が発現する様子をどのように知り得たというのか?ここにおいて老子は我々がタオにアクセスする最大のヒントを提示しようとしており、それは「以此」という2語で示されている。伝統的な解釈ではこの「此」は前の「自古及今其名不去」=「タオが古来から今に至るまで去っていないこと」=「タオが今でも動いていること」となるのであるが、それではまったく前の句の意味するところと同じになってしまい流れから言って不自然である。「なぜわたしはこのようなことを知っているのでしょうか?」と謎かけのような言い方をしている以上、意図的に新たな情報の提示を期待させているというのが自然な解釈だからだ。そこから考えると「此」という字をまったく別の意味として解釈しなければならないことになる。「此」という字を原義まで遡って分析すると、「止」は足を表し、「ヒ」が女性を表しており、もともとは細い隙間をはさみ込む陰門を持った女性の象形であることが分かった(「ヒ」と女性性の関連を示す字としては他に「牝(めす)」「尼(あま)」などが挙げられる)。つまりこの字はあしを少し開くという意味にもなり、さらに二次的な意味でその「あしもと」→「ここ」「これ」などの指示代名詞的な意味が派生している訳である。伝統的にはこの意味において解釈するのが普通であるが、不自然な意味上の重複が生じるのは先に指摘したとおりだ。

従って、最後の句の意味は「此」の持つ女性性を補充して解釈する方が自然であろう。すなわち老子が生命発現の様子を知りえたのは「女性器」の働きを知っているからである。陽の気は実は「陽動」、「陽言」、「陽狂」などの「陽」からも分かるように単独では「実態を伴わない」という意味がある。それを実体化せしめるのは陰の働き、すなわち女性原理であり「孔德之容」=「此」=「女性器」の働きによる。これは老子が我々に言葉で以て示してくれた大きなヒントである。タオは言語的な概念ではとらえられないということはすで前回の投稿において紹介したが、言語を超えたタオを感じてみたいという方は自然の中、そしてご自分の体の中にこの原理を観察してみるとよいだろう。あなたの体もタオの一部なのだから。

「タオを応用した高次元の問題処理方法とは?」

<参考資料>
蜂屋邦夫訳注 『老子』 岩波書店(2008)
高田真治・後藤基巳訳『易経(上)』岩波書店・第59刷(2015)
高田真治・後藤基巳訳『易経(下)』岩波書店・第59刷(2015)
鎌田正・米山寅太郎『漢語新辞典』大修館書店(2001)
藤堂 明保・竹田晃・松本昭・加納喜光編集『漢字源』学習研究社 改訂新版 (2001)
千贺一生著,陈雪译 《老子的密语》 金城出版社(2011)
千賀一生『タオの暗号』 ヒカルランド (2011)
李中华主讲《道德经》系列视频课程
http://baike.baidu.com/redirect/614fVsF0Vov9eCE1eC40NP2ci2-aiVxV0pJ8bLxXSkVMOV2pvPlTF_RrXNoQ7gPQACg1b3AhnaLVW6I2v8lAF-r9-qz7paWpfFGJAKdnHwz-