語り部:孫語空

おっす!オラ、孫語空!このシリーズではオラがみんなにわかりやすく「孫子の兵法」を解説してやる。これは孫武っていうじっちゃんが2500年くらい前に書いた本だ。中国最高の兵法書って言われてるみてえだな。ま、堅苦しいことはこれくらいにして、さっそく始めっぞ!

<超訳(孫悟空風) 孫子の兵法 計篇>

いいか、戦けぇってのは最後の手段だ。
戦っていいのはおめえの家族や仲間が生きるか死ぬかってときだけだかんな。
何の考えもなしに戦おうとすんのは絶対ぇに駄目だ。

もしどうしても戦わなきゃいけねえ場合は、この5つのことをしっかりと頭ん中で計算しろよ。
これを知らなきゃ勝てねえぞ。


1.みんなが迷わずついてくるか
2.タイミングはどっちに有利か
3.場所はこっちに有利か
4.どっちの親分すがげえ奴か  
5.どっちの組織がちゃんとしてるか


この5つを相手とこっちで比べてみろ。どっちが勝つか分かっちまう。
比べてみてこっちが有利なら実際の状況を見て相手の裏をかいていく。

戦いってのは相手を騙して裏を取らなきゃなんねえ。これからお前ぇにその技を教えてやっぞ。


できても、できねえふりをしろ。
使える物も使えねえように見せかけろ。
近くにいるなら遠くにいるように見せかけろ。
遠くにいるなら近くにいるように見せかけろ。
利益をチラつかせて誘い出せ。
相手が混乱してるなら攻めろ。
相手が強ぇなら避けろ。
相手の強ぇところに対して守りを固めろ。
怒ってる相手を混乱させろ。
謙虚な相手をおごり高ぶらせろ。
休んでる相手を疲れさせろ。
相手の親しい仲間を分断しろ。
相手の不備をつけ。不意をつけ。

 

なに?卑怯だって?おめえ、そんなこと言ってたらボロボロに負けちまうぞ。
相手を騙す技はいろいろあっけど、戦けぇの前じゃ状況がどうなるかわかんねえ。だから実際の状況を見てどの技を使うか決めるんだ。

いいか、最後にもう1回言っとくぞ。戦う前にしっかりとさっきの5つのことを頭ん中で計算しろよ。計算してこっちが有利なら勝てるし、だめだったら勝てねえ。計算もしねえなんてのは話にもなんねえかんな!

<原文>

孙子曰:兵者,国之大事,死生之地,存亡之道,不可不察也。

故经之以五事,校之以计,而索其情,一曰道,二曰天,三曰地,四曰将,五曰法。

道者,令民与上同意也,可与之死,可与之生,而不畏危。天者,阴阳,寒暑,时制也。地者,远近,险易,广狭,死生也。将者,智,信,仁,勇,严也。法者,曲制,官道,主用也。凡此五者,将莫不闻,知之者胜,不知者不胜。

故校之以计,而索其情。曰:主孰有道,将孰有能,天地孰得,法令孰行,兵众孰强,士卒孰练,赏罚孰明,吾以此知胜负矣。将听吾计,用之必胜,留之;将不听吾计,用之必败,去之。

计利以听,乃为之势,以佐其外;势者,因利而制权也。

兵者,诡道也。故能而示之不能,用而示之不用,近而示之远,远而示之近。利而诱之,乱而取之,实而备之,强而避之,怒而挠之,卑而骄之,佚而劳之,亲而离之。攻其无备,出其不意,此兵家之胜,不可先传也。

夫未战而庙算胜者,得算多也;未战而庙算不胜者,得算少也;多算胜,少算不胜,而况于无算乎?吾以此观之,胜负见矣。