易経を用いて「事物の展開を予測、考察する方法」のデモンストレーションとしてクロロ×ヒソカ戦の展開とアメリカ大統領選に関しての考察/予測を立てたところ、少なからず反響がありました。今回はグループ解散が発表され、日本全国に衝撃を与えたSMAPについて易経を用いて今後の予測を立ててみたいと思います。

まず、SMAPの「今後」について結論から言ってしまいましょう。

メンバーのうちの数名が事務所を離脱し、Iマネージャーと合流します。

この予測は易経を使用してSMAPというグループそのものを俯瞰的に考察した結果得られたものですが、この予測を立てるに至ったプロセスを下記に記します。

考察手順は次の通りです。
————
1. SMAPのイメージに近い卦を見つける
2. より俯瞰的なイメージを得るため1の卦の総卦を出し、未来の予測をする
3. ジャニーズ側からの視点を考察するため、2の裏卦を出す
————

1. まずはSMAPのイメージに近い卦を見つけます。

SMAPは5人のグループですが、女性マネージャーIさんの存在が大きかったということは周知の通りです。この女性マネージャーをトップに加えてメンバーを年齢順に並べ、それぞれのメンバーのイメージに「陰」か「陽」の属性を与えます。すると、こうなります。

Iさん 陰
中居 陽 
木村 陽
稲垣 陰
草彅 陰
香取 陰 

中居さんと木村さんはグループを牽引してきた個性の強い「陽=男性性」であり、その他のメンバーはそれに従う形で活動してきました。従うことは「陰」の属性ですので稲垣さん、草彅さん、香取さんにはそれが当てられています。Iマネージャーはグループにとって母親的な存在であったこと、表に出ない裏方であることを鑑み陰としました。

「陽」には継続を志向する傾向があり、陽がグループ存続派、陰がグループ解散派を示している点からもこの配列と属性付与に納得していただけるのではないでしょうか。隣り合うメンバーが交流しやすい傾向を持っていることも何らかの布置のような気がしてなりません。

さて、ここでこの陰陽の配列と同じ卦を探します。すると第45番の「萃」が見つかりました。これは「集まる」という意味もありますが「疲れる」「憔悴」を意味します。つまり、SMAPというグループは本質的に「憔悴」しやすい易の構造に合致していたのです。

すい

SMAPの直接の解散原因はメンバー同士の軋轢であると言われています。ところが、軋轢が生じるそもそもの原因は憔悴を生じさせやすいこの「萃」の構造だ。というのが易の提供してくれる視点です。人間は疲れている時は精神状態が不安定になりやすく、いらいらしやすいということは皆さんも経験的にご存知でしょう。

2.SMAPの全盛期と解散後の展開予測

全体的な視点を得るために先ほどの「萃」の卦を上下さかさまにひっくり返して「総卦」を出します。すると、第46卦の「升」が得られます。これは、「上昇」「昇る」「トップ」という意味の卦になります。アイドルグループとしてトップを極めたSMAPにふさわしい卦といえるでしょう。

u=4268836398,241646711&fm=21&gp=0

メンバー配置もひっくり返して見てみましょう。

香取 陰
草彅 陰
稲垣 陰
木村 陽
中居 陽
Iさん 陰

香取さん、草彅さん、稲垣さんが上になり、それを木村さん中居さん女性マネージャーIさんが下からサポートしている形に見えます。この構造がSMAPの人気上昇と関わっており、これが彼らにとって好ましい状態であるためのデフォルトだった。そう易は告げているように思えます。

ただ、この卦には第47卦の「困」が続きます。これは「水の無い枯渇状態」を表わしており、女性マネージャーIさん(=水)を失うことを示唆しています。のみならず、「困」の字を見ていただくと分かりますが、「木」村さんが囲いの中で孤立状態に陥ることを同時に示しています。偶然だと思う人が大半だと思いますが、これを易の提供してくれる符合であるととらえます。

さらにその後は第48卦の「井」に移行します。ここからが今後の予測に関わる部分です。

この卦には「改邑不改井(邑は改造しても井戸は新しく堀り変えない)」という重要文言があります。邑はジャニーズ事務所と考えられますので、女性マネージャーIさんとメンバー数名がSMAPではない形で合流するのではないかと考えられるのです。また、先ほどの「井」には「囲」のような囲いがないことから、ユニットやグループの形にはならないということが示唆されています。

3.ジャニーズ事務所の視点

ジャニーズ事務所の視点からSMAPを考察するため、陰と陽をすべて入れ替えた「裏卦」を出します。2で出した第46卦の「升」の陰と陽をすべて反転させると第25卦の「无妄」が得られます。

第25卦の「无妄」には「予期できない」という意味があります。事実、SMAPの解散発表までの動きは事務所にとって予測できないものだったに違いありません。というより、事務所のタレントさんの中にも「奇跡が起こるのではないか」と思っている人がいるくらいです。つまり、少なくとも解散するまでは事務所にとってSMAPはあくまでも予測を裏切る「无妄」の卦なのです。

実は、これは解散騒動以後に始まったことではありません。そういう傾向は以前からあったのです。過去にメンバーの不祥事があったことを覚えている人も多いでしょうが、事務所にとっても衝撃だったに違いありません。

長くなりましたが、以上が易経を使用して得られた予測と洞察です。これは易を時空間の構造の雛形モデルと捉える筆者の独自の手法によるものですが、易経をこのように運用することもできるという例を示してみました。

反響があれば別の事象についても予測を立ててみたいと思います。

Written by 岡安草莱